ホットヨガの体験レッスンで失敗しない方法

【初心者でも大丈夫】体験レッスンで失敗しない方法


98%の会員が「効果あり!」と実感。
自宅と職場、追加料金なしで2店舗に通えるからお得!

>>すでに100万人が体験した体験レッスンはコチラ

ホットヨガは関節痛や脱水症状に注意します

 

【施設の設備にも差があります】

 

ホットヨガのスタジオは、大小様々。体験レッスンも無料のところもあれば、有料のところも存在します。

 

たとえば、スタジオに「シャワー」がないところもあります。あなたは汗をタオルで拭いたら、そのまま帰宅しなければなりません。

 

ただでさえ汗をよくかくホットヨガ。自宅まで徒歩で数分ならまだしも、レッスン後にバスや電車に乗るようであれば、そのスタジオへの入会はよく考えたほうがいいでしょう。

 

ほかにもパウダールームが小さい、狭い、いつも人が一杯で使えないところもあります。スタジオやマットから変な臭いがするところがあったり。

 

 

 

【無理をして関節を痛める】

 

インストラクターや周囲の人が、とても柔軟なポーズをしているからといって、あせって無理をしないようにしましょう。ヨガは自分のペースでするものです。他人と競争するものでも、比べるものでもありません。

 

 

 

【脱水症状、熱中症】

 

室温40度、湿度40%という高温多湿のスタジオでおこなうホットヨガ。

 

とにかく汗をかきます。それによって体から水分が不足します。脱水症状や熱中症をふせぐためにも、レッスンの前と途中と後に多めの水分補給をしましょう。

 

汗といっしょに塩分も一緒にでています。ローカロリーのスポーツドリンクでもいいでしょう。水は1リットル以上、用意しておきます。

 

コーヒー、紅茶などカフェインの含まれているものは、体質によって気分が悪くなります。レッスン前後は避けましょう。

 

ヨガのポーズによっては、水分をとりすぎるとポーズがとりにくくなります。レッスン中の水分補給は、インストラクターの指示に従ってとるようにします。もちろん、喉が渇いたのであれば飲みましょう。

 

自分が気持ちのいいところでやめる勇気も必要。体のやわらかさや体力、バランス感覚は人それぞれ。他の人と競争しない、比べないことが大切です。

 

「なんだか、きついな」と思ったら、迷わず一段階前のポーズに戻しましょう。

 

>>>レッスンの前に気をつけること


【初心者でも安心】体験レッスンで後悔しないために


ヨガだけで10種類以上!
目的や運動量にあわせて選べる豊富なプログラムが受け放題。

日本最大規模。220店舗以上を展開し、そのほとんどが駅徒歩3分以内。体験者数も100万人を突破!安心のLAVAはコチラ