ホットヨガの体験レッスンで失敗しない方法

【初心者でも大丈夫】体験レッスンで失敗しない方法


98%の会員が「効果あり!」と実感。
自宅と職場、追加料金なしで2店舗に通えるからお得!

>>すでに100万人が体験した体験レッスンはコチラ

ホットヨガのレッスン中に注意すること

 

ホットヨガは、高温多湿のスタジオの中でおこないます。この環境でヨガをおこなうと、代謝の高いひとほど汗をたくさんかきます。

 

汗により体内の老廃物を排出し、体の内側と外側から美しくしてくれます。

 

ヨガのポーズは筋肉を鍛え、関節の可動域を広げて背骨を整えます。呼吸法は肺の機能を高めてくれます。

 

ヨガのポーズには、目標となる完成型が存在します。ポーズを完成させることばかり考えず、安全に正しくおこなうことが何よりも大切です。

 

 

 

【無理をしない】

 

誰でも最初は体がかたいもの。思うようにポーズもとれません。けれど、無理に体を曲げたり、伸ばしてはいけません。

 

痛みや違和感のあるときは、すぐにやめましょう。実は、体が硬いひとのほうがヨガには向いています。

 

ヨガのポーズは、身体を柔軟にすることが目的ではありません。

 

 

 

【水分補給をしっかりと】

 

レッスンでは、とにかく汗をたくさんかきます。レッスンの前にはいつもより多めの水をとります。レッスン中も水分補給をしながら行います。

 

インストラクターの指示に従い、水分補給をしましょう。レッスンの途中でも、喉がかわいたと感じたら飲むようにします。1リットル以上、準備します。

 

 

 

【自然呼吸でおこなう】

 

レッスン中は、鼻から吸って鼻から吐く自然呼吸でおこないます。ポーズをとっているときも、息を止めないようにします。吸うよりも、しっかりと吐くことを意識します。

 

おへその下3〜4センチのところにある丹田(たんでん)を意識して、鼻から息を吸い、おなかをふくらませながら深く吸いこみます。丹田を意識したまま、おなかをへこませながら、鼻からゆっくりと息を吐き出します。

 

 

 

【ポーズには順番があります】

 

ポーズには順番があります。筋肉が適切な順序で伸ばされていくように組まれていくので、いきなり9番目のポーズをとってはいけません。

 

 

 

【静止する時間を意識する】

 

ヨガのポーズには、それぞれ最終形があります。目標の形を目指しますが、その時に自分のできるところが今の最終形。そこで一瞬でも静止します。もしもポーズが維持できるようなら、数秒間ほど止めて、ゆっくりとほどきます。

 

 

 

【あせならい。他人と比べない。競争しない】

 

インストラクターをはじめ、周りのひとが柔軟であせる、負けたくない気持ちはわかります。けれど他人と競争することを考えたら、それはヨガではありません。

 

ヨガはあくまでも自分を向上させるものです。他人を意識してポーズをとっても、それは完成度の低い、内容がともなわないヨガになってしまいます。

 

>>>体験レッスンで必要なもの


【初心者でも安心】体験レッスンで後悔しないために


ヨガだけで10種類以上!
目的や運動量にあわせて選べる豊富なプログラムが受け放題。

日本最大規模。220店舗以上を展開し、そのほとんどが駅徒歩3分以内。体験者数も100万人を突破!安心のLAVAはコチラ