ホットヨガの体験レッスンで失敗しない方法

【初心者でも大丈夫】体験レッスンで失敗しない方法


98%の会員が「効果あり!」と実感。
自宅と職場、追加料金なしで2店舗に通えるからお得!

>>すでに100万人が体験した体験レッスンはコチラ

ホットヨガのレッスン前に気をつけること

 

糖尿病や消化器潰瘍などの予防や治療に、ヨガのポーズがきわめて有効であることが、種々の臨床医学研究で明らかになっています。

 

ヨガをおこなうことで骨格が整い、内臓の働きが高まり、その人の能力を十分に発揮できるようにします。

 

ただし、ヨガは自分のペースでおこなうもの。痛みや違和感のあるときは、行わないようにしましょう。

 

 

 

【血圧の高い人、心臓疾患のある人は医師に相談を】

 

暖かなスタジオでレッスンをおこなうため、血流の流れがよくなり、血圧があがることも。持病がある方は医師に相談をしてから始めましょう。

 

 

 

【アトピーや皮膚病の方も気をつけて】

 

レッスンでは、とにかく汗をかきます。体温もあがるため湿疹がかゆくなることも。事前に医師に相談をしましょう。

 

 

 

【空腹時におこなう】

 

どんなスポーツでも、食後すぐに走ればお腹が痛くなります。それはヨガでも同じ。

 

ヨガをおこなう時間帯は、いつでもかまいません。ただし、ヨガのポーズには体をひねる動きがあり、内臓を刺激する効果もあるため、レッスンは空腹時におこなうのが基本。

 

食前が理想的ですが、食後であれば2時間はあけましょう。

 

普段の食生活も、消化のいいものを、決まった時間に決まった量をよく噛んで食べましょう。

 

 

 

【睡眠不足はNG】

 

睡眠不足でホットヨガをすると、体調が悪くなることもあります。美容や健康のためにも睡眠は1日6時間以上、とりましょう。

 

 

 

【入浴の前後は避ける】

 

とくに心臓や血圧に不安のあるひとは、入浴の前後30分はレッスンを避けましょう。血行がよくなりすぎるため。

 

 

 

【体調が悪いときは避ける】

 

熱がある、体調が悪いときに無理しても効果はありません。休みましょう。

 

 

 

【生理中・妊娠中はどうする】

 

生理も妊娠も病気ではありません。健康や肉体は一人ひとりの条件が違います。無理をせず、自分の体の状態を確認しながらレッスンをおこないましょう。

 

>>>レッスン中に注意すること


【初心者でも安心】体験レッスンで後悔しないために


ヨガだけで10種類以上!
目的や運動量にあわせて選べる豊富なプログラムが受け放題。

日本最大規模。220店舗以上を展開し、そのほとんどが駅徒歩3分以内。体験者数も100万人を突破!安心のLAVAはコチラ